スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト | │ - | - | by スポンサードリンク
新宿区の転職情報
新宿区のニュースです。

漫画喫茶で寝泊りする貧困層、ワーキングプア。最近では、ファーストフード店などでも増えてきているようです。
働いても豊かにならない、一度落ちたら抜け出せない。ただ、お金がないからといってホームレスにはなりたくない。
一見他人事のように思われるかもしれませんが、これは、結構身近なところにあるものです。
中には、専門学校や大学などで学んだのに、就職氷河期にあたり就職できなかった人なども多くいます。

2007年1月から人材派遣グループ会社で正社員として働く人は、「スポット(日雇い)派遣」の「人繰り」が仕事だった。企業の依頼を受け、携帯電話やメールでそのつどの人手を確保し、解体作業などの現場に送る。午後3時まで注文を受け、登録スタッフのマッチングを始める。

「明日は仕事があるのかもわからない」そんな状況が毎日続く。
人数がそろうまで、深夜1時でも電話をかけ続ける。
翌朝6時。今度はスタッフから電話で出発連絡を受ける。9時頃まで100本近い電話を1人でさばく。会社に3、4連泊はざら。昼も夜もコンビニ飯。給湯室で頭を洗う。最初の半年を時給換算したら500円を切る。非常に過酷な世界です。
でも、スタッフの生活はもっと悲惨だった。
スポット派遣の日当は6000〜7000円。月20日働いても十数万円。アスベストの粉塵が舞う現場で風邪用マスクだけで働かされた人、危険な現場で安全靴を持たず、釘が足を貫通した人……。
星野さんが珍しく家に帰れた日の翌朝。出勤途中の横浜駅の地下で、ゴミ箱をあさる若い男性を見た。胸が詰まった。時々仕事をまわすスタッフだった。
新宿区の転職情報 | 16:39comments(10) | trackbacks(227) | by 新宿区 転職
新宿区の転職
新宿に拠点を構えるワイキューブの情報です。

団塊の世代が一斉に定年退職する2007年問題、また株価上昇などによる景気回復により、企業の人手不足感が一層増しています。新卒大学生の求人倍率がバブル期並みの数値を記録する中、既存社員の流出を防ぐための施策を講じる企業も増えてきています。2007年2月22日には政府も「週3日制」や「メンター制」など、公務員の途中退職を極力抑えるための施策を導入するに至っています。しかし、総務省統計局の調査によると25歳〜34歳の若手社員の転職者は依然として増えており、そのような早期退職を問題視している企業は48%にものぼることが明らかとなりました。(『週刊東洋経済』/東洋経済新報社・ 2006年6月22日)
 転職者が増え続ける今、その原因を探った『ワーキングパーソンの転職意識と転職者の転職行動実態』(リクルートワークス研究所・2006年2月23日)によると、最大の転職理由としては「肉体的または精神的にきつい仕事だった」が第一位、「上司や同僚とうまくいかなかった」という理由が第三位に挙げられました。このような職種適合度や上司や社員との相性による潜在的な退職理由を把握し、いち早く対策を講じることで、将来的な離職の原因となる芽を摘むことが可能となります。
 ワイキューブでは、自社の組織風土を明確に把握し、採用時の応募者を惹きつけるツールとして提供していたGCSを、組織風土・職種との適合度に加えて、新たに上司と社員との相性度で判断できるツールとしてリニューアルいたしました。適材適所を実現する組織配置・転換や社員個別の効果的なマネジメントを可能にし、社員それぞれのパフォーマンスを発揮しやすい環境づくりに役立つツールです。
新宿区の転職 | 17:24comments(1) | trackbacks(90) | by 新宿区 転職
新宿区の転職
新宿に拠点を構えるワイキューブの情報です。

団塊の世代が一斉に定年退職する2007年問題、また株価上昇などによる景気回復により、企業の人手不足感が一層増しています。新卒大学生の求人倍率がバブル期並みの数値を記録する中、既存社員の流出を防ぐための施策を講じる企業も増えてきています。2007年2月22日には政府も「週3日制」や「メンター制」など、公務員の途中退職を極力抑えるための施策を導入するに至っています。しかし、総務省統計局の調査によると25歳〜34歳の若手社員の転職者は依然として増えており、そのような早期退職を問題視している企業は48%にものぼることが明らかとなりました。(『週刊東洋経済』/東洋経済新報社・ 2006年6月22日)
 転職者が増え続ける今、その原因を探った『ワーキングパーソンの転職意識と転職者の転職行動実態』(リクルートワークス研究所・2006年2月23日)によると、最大の転職理由としては「肉体的または精神的にきつい仕事だった」が第一位、「上司や同僚とうまくいかなかった」という理由が第三位に挙げられました。このような職種適合度や上司や社員との相性による潜在的な退職理由を把握し、いち早く対策を講じることで、将来的な離職の原因となる芽を摘むことが可能となります。
 ワイキューブでは、自社の組織風土を明確に把握し、採用時の応募者を惹きつけるツールとして提供していたGCSを、組織風土・職種との適合度に加えて、新たに上司と社員との相性度で判断できるツールとしてリニューアルいたしました。適材適所を実現する組織配置・転換や社員個別の効果的なマネジメントを可能にし、社員それぞれのパフォーマンスを発揮しやすい環境づくりに役立つツールです。
新宿区の転職 | 17:23comments(0) | trackbacks(2) | by 新宿区 転職
新宿区のオフィス事情(新宿区転職)
今回は、新宿区のオフィス事情です。

現在都心のオフィスは全体として急騰しています。特に渋谷区、港区、新宿区はその傾向が顕著に現れているといえるでしょう。
今回は、新宿区の話題ですが、新宿区と言うと印象が強いのは、西新宿高層ビル群ですが、この周辺の西新宿エリアはビジネスエリアとして常に高い人気とステータスを誇っており、空室に関しては減少傾向で希少性が高く、賃料相場は急上昇しているのが現状です。やはり新宿区全体を見渡しても、大ターミナル駅である「新宿駅」近辺が賃料相場としては突出しています。それに伴い、駅反対側の商業ビル街(高島屋や歌舞伎町含む)の相場も高い水準となっているのもチェックすべきポイントです。
次いで新宿区東エリアの「飯田橋・四ツ谷駅」周辺は、隣接する千代田区の「九段・麹町」エリアの空室の減少に伴い、賃料相場はやや上昇傾向にあります。しかし、山の手線ラインは商業施設が多く、人で賑わっているものの、その他のエリアは閑静な地域で、オフィスとしての認知度が低い為、新宿区でも東に位置している飯田橋、四谷は比較的割安感のある穴場的エリアと言えるでしょう。穴場といえば、早稲田周辺は比較的新宿区でも安いエリアと言えます。

オフィスの値段は、やはり転職者の人気エリアに比例しているようですね。
今後の新宿区がどうなるかが楽しみです。
新宿区のオフィス事情(新宿区転職) | 22:16comments(0) | trackbacks(57) | by 新宿区 転職
転職サイト関連ニュース
アメリカで運営する転職サイトのキャリアビルダーが
自分の現在の仕事がどれほど大変なのかを知ることのできるサービスを開始したそうです。
このサービスでは、顔写真を選ぶか自分の写真をアップロードして複数の選択肢問題に回答すると、さまざまにデジタル加工処理された写真が表示される。結果によっては頭髪が薄くなったり、しわが増えたりします。

面白いサービスですので英語がわかる方は是非試してみてはどうでしょか?

利用はこちらから


また、同じくアメリカの転職サイトネタです。

ウェブサイトにGoogle広告を掲載するだけでは十分な収入が得られないようであれば、クリック課金制の求人情報を追加してみるとよいだろう。

求人情報検索エンジンを提供するSimply Hiredは米国時間1月24日、「 Job-a-matic 」というサービスを開始した。同サービスでは、ウェブサイト運営者やブロガーが自分のサイトのコンテンツに関連した求人情報を掲載することができる。 Simply Hiredの最高経営責任者(CEO)であるGautam Godhwani氏によると、サイトは誰かが求人情報をクリックする度に、それによって得られた収入の30%を報酬として受け取るという。

Simply Hiredは、このクリック課金制システムをGoogleの検索マーケティングシステム「AdWords」をモデルとして構築した。AdWordsでは、広告主がオークションでキーワードを入札し、獲得したキーワード広告がクリックされる度に一定の金額を支払うというシステムである。


記事に関連した求人転職情報であれば掲載するメディアとしても導入しやすいかと思います。
転職サイト関連ニュース | 21:50comments(0) | trackbacks(51) | by 新宿区 転職
IT転職フェア(新宿区転職ニュース)
26日に、新宿区でIT業界就職・転職フェアが開催されました。

株式会社日本新華僑通信社とリス株式会社は26日、東京・新宿NSビルイベントホールで「東京国際IT業界就職・転職フェア2006」を開催した。国内外の企業49社が出展し、1100人を超える転職希望の来場者で賑わった。

 運営事務局が「悪天候にもかかわらず過去最大の転職希望の入場者に来ていただいた」としている通り、各社のブースには大勢の来場者が履歴書片手に列を作り、採用条件や待遇などについて熱心に耳を傾けていた。企業の中には、応募数だけで100人を超えたところもあった。

 特設会場では、Neusoft JAPAN株式会社(東軟集団)、日電信息系統(中国)、中訊軟件集団、アルパイン電子(中国)大連研究開発センターが企業説明会を実施。中訊軟件集団は、全製品の9割が日本向けであることを転職者及び、来場者に紹介した上で、「日系企業クライアントの長期的サポートを充実させるため、みなさんの日本での経験を生かしてほしい」とアピールした。

 中国のIT業界では、グローバル企業の進出が目立つ一方、そのグローバル戦略を担う人材の不足が深刻な問題となっている。特に、日本と中国でマネジメントのできる技術者に対するニーズが急速に高まっている。人材の確保を狙う各社は、研修制度の充実ぶりなどを熱心に紹介していた。


中国熱が高まる中どんどん盛り上がってきてますね。
今回は、新宿とのキーワードは開催された会場のみでした・・・
IT転職フェア(新宿区転職ニュース) | 21:31comments(0) | trackbacks(9) | by 新宿区 転職
新宿区の転職
新宿区の転職は、数多くの転職サイトや、人材紹介会社、転職情報がある中、新宿区の転職情報、人材紹介会社に特化して情報を提供する、新宿区民による、新宿区へ転職したい方のための新宿区の転職情報サイトです。
新宿区に関する転職情報を配信していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

姉妹サイトに、港区の転職渋谷区の転職千代田区の転職などがあります。

新宿区への転職を考えている際は今後もこの新宿区転職をご参考にくださいませ。新宿区までの情報をじゃんじゃん紹介いたします。
新宿区の転職 | 21:56comments(0) | trackbacks(20) | by 新宿区 転職
| 1/1PAGES |